« 汽車が走る | トップページ | 滲み出した日溜り »

2006年7月17日 (月)

草を食む

Rain_tree

雨の中、公園を散策。気がつけば靴は泥まみれ。ぐっちょんちょん。
葉の雫が乱反射して意外と明るいのです。キラキラり。
人がいない公園は心が和みます。でも突然人に出くわすと混乱します。
だから気をつけて歩きます。ソロソロり。
あぁ、そういえばカエルの鳴き声を久方聞いてないなぁ。ゲロゲロリ。


.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.

母から姉と弟がそれぞれ相方を伴ってグアムで遊んでいるとの連絡を受ける。
こちらは換気扇に始まり、台所の油汚れをひたすらキレイにしていますと伝える。
「せっかくの連休なのに貧乏性ね」と諭される。貧乏性か貧乏か、神のみぞ知るだ。

そんななか、北の国から2進法で素敵な写真が届く。
海岸でお馬が草を食んでいるよ。ハムハム。
お伽話みたいな設定に癒された。
来月はどこか遠くに行こう心に決める。

|

« 汽車が走る | トップページ | 滲み出した日溜り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草を食む:

« 汽車が走る | トップページ | 滲み出した日溜り »