« 七夕を遠く離れて | トップページ | 草を食む »

2006年7月14日 (金)

汽車が走る

Photo_2

走り出したものを見送るのは大概トンネルのこちら側。
あちら側に進むも気付けばこちら側、悲しいやね。

蒸し暑くて意識が朦朧とするなかシャッターを押す。
シャッターを1回押す消費エネルギーはフルマラソンかラーメン二郎並み。
撮影枚数の少なさをこれまた指摘されたため、
そんな思いつきを口にしてみたけれど、一蹴されてしまった。

そりゃそうだ。

-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.

腹巻生活はじまる。快適無敵のはずが、体調を崩し気味の日々。
腹にくる鈍痛と、節々の痛みはなんなのかしら。微熱は続くよ。

あと、いろいろと勘違いしている人も多いので、これ読んでおいてください。
叶姉妹@Wikipedia

|

« 七夕を遠く離れて | トップページ | 草を食む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 汽車が走る:

« 七夕を遠く離れて | トップページ | 草を食む »