2006年5月22日 (月)

週末を語る

土曜日の夜と日曜の朝はfutabamusic のDJイベント
「FMスラッガー#8」@下北沢altotoに遊びに行ってきました。
当日はマキタ学級risetteで暗躍するmorinoさんとiehaのうぶさんのユニット
as long asトーテムポールmetroのminiライブも。

metroは久しぶり。懐かしい曲を聴けて満足。よかったよ。
as long asトーテムポールのライブではジャンべを手渡されて飛び入り参加。
ウブさんが即興で演りだした民族音楽がよかった。
morinoさんの民族音階フレーズループで頭クラクラ。ジャンベトリップしたよ。

日曜は日本橋三越で『「徹子の部屋」物語』を体験。
あんなんで800円も取るのか。期待していたので激しく落ち込んだ。
でもユニセフ募金と考えることにした。

あ、そうそう。『雪国まいたけ』のCMどうにかならんかね。
あれが郷ヒロミの後釜とは信じられん。
日本国民の果たして何%がはなわの歌を楽しんでいるんだ?
そして、エンタの神様もなぜ最後にはなわを必要としているんだ?
事務所(ケイダッシュステージ)の力なのか?
誰か教えてください。


- タイトル -  ここのところ、地味な色が続いてたので季節外れですが桜を。

『空へ』 空に生命を伸ばしていく迸りをイメージしてみました。Cherry_blossoms

本日のBGM  David Bowie「Changes」fromHunky Dory

映画「デビッド・ボウイ ジギースターダスト」を観ながら書いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年5月11日 (木)

驚きすぎじゃないか、大岡山。

通勤に目黒線を使っているんですが、非常に気になるんです。
大岡山で停車したしたときにお目にかかる平仮名表記の駅名看板。
だって「おおおかやま」ですよ。「お」が多すぎじゃないですか。
見た瞬間、脳裏に「おぉぉ~!加山(雄三)」が浮かぶんです。
毎朝、加山雄三に感嘆の声を上げる誰かを思い浮かべて出勤するのは、
あぁ、なんというか、やるせないです。

- タイトル -       2006年5月1日撮影 De Stijl的な幾何学模様は好きですね。

『landscape』 ただそこにあるものを撮りたいなと、思うわけです。
Landscape


★今日のBGM 「Something Good」 fromThe Sound of Music

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

前方後円墳とはこれいかに?

前方後円墳から「鍵穴」を連想する人は多いかと思う。かくいう僕もその一人。
あれは父に頼み込み、雑誌に書いてあった魔方陣を大きな模造紙に写してもらっては、
祈祷術めいたことをしていたオカルティックな幼少時代。
(あれは何の雑誌だったんだ? ムーか? ムーなのか? まさかムーなのぉくわぁ?
前方後円墳は異世界への扉を開く鍵穴だと信じて疑わなかったよ。
あぁ、でも今考えると鍵の大きさが尋常じゃないね。
あれれ? そんな映画だか、アニメだが、漫画だかあった気が……。
う~ん、思い出せない。

で、問題はなぜに前方後円墳は前が「方」で後ろが「円」であるかってこと。
あんなにも鍵穴っぽいのになんで前方後円墳なのかしら。

調べてみましたよ。はい。
どうやら江戸時代の国学者である蒲生君平(がもうくんぺい)が名付けてしまった模様。
以下、ウィキペディア(前方後円墳)からちょこっと引用です。

方部が「前」で円部が「後」というのは納得できないものがあるが、これは江戸時代の国学者 で寛政の三奇人とも言われた蒲生君平(がもうくんぺい)が定義したことに由来し、以降便宜的に使用されている。 この蒲生の説は、前方後円墳が宮車を模倣したものだという考えに基づく。しかし、古墳時代の初期には、車はなかったであろう。

う~ん、蒲生さん、いい加減だなぁ。

  - タイトル -       2006年5月1日撮影 寂寥感を出したいなぁ。
『foot steps』 前方後円墳が控える公園にて撮影
Footsteps_01


★今日のBGM KAN「REGRETS」 fromゴールデン☆ベスト KAN BEST

| | コメント (0) | トラックバック (0)